福本ヒデの美術検定4級攻略講座│講座内容【プレビュー動画付き】

社会派コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属する福本ヒデさん。

コントのネタで美術について調べていて出会ったのが、美術検定4級公式テキストの『この絵、誰の絵?』でした。

そしてこのテキストを通じて美術検定の存在を知り、4級を受験して合格しました。


その後、美術を学ぶことに貪欲になり、時事ネタとアート作品をミックスした絵画作品を発表しながら、美術検定受検にのめり込んでいったヒデさんは、ついに2021年に念願の美術検定1級(アートナビゲーター)を取得!


そんな美術芸人にして“美術検定マニア”のヒデさんが、美術検定4級の過去問を徹底分析して、4級合格を目指す方々へ楽しく学ぶ方法を指南するのが「福本ヒデの美術検定4級攻略講座」です。


ヒデさんのユーモアを交えた巧みなトークや実感のこもった解説で、公式テキストに書いてある内容がよりわかりやすく印象に残り、しっかりと身につく内容となっています。


この講座を視聴して学び、そのまますぐにオンライン受験にトライすることが効果的です。


受講した方へはオンライ受験の特典があります。動画のラストで発表しますので、ぜひ講座を受講して、すぐに4級受験を目指してみてください!



こんな方にオススメです!

✓美術検定4級をすぐに取得したい!

✓最近美術に興味が湧いてきた!

✓美術を学ぶきっかけが欲しい!

✓福本ヒデのお話が好き!



こんなことがわかります!

✓美術検定4級合格の対策がわかる!

✓西洋美術、日本美術の代表的な作品や作家がわかる!

✓美術の知識を得るきっかけがつかめる!

✓アート作品や展覧会をより一層楽しめるようになる!



講座内容

美術検定4級の公式テキスト『この絵、誰の絵?』に掲載されている西洋美術、日本美術の100の名画の解説を中心に、4級の過去問の分析もふまえて、試験に出るポイントをわかりやすく説明。試験対策として、そして美術に親しむ入り口としても最適な内容です。


「美術検定」はアートを「みる力」を養う検定試験で、1級から4級まであります。4級は西洋美術・日本美術の基礎知識として、代表的な作品や作家を問う内容です。


ヒデさんの楽しいお話は、美術鑑賞の醍醐味を一層広げてくれます。


最近アートに興味が湧いてきた方、展覧会をもっと楽しみたいと思っている方は、まずはこの講座を受講して、4級受験にチャレンジしてみませんか?



コンテンツ内容  動画視聴時間 1時間51分

●美術検定4級試験(試験の概要説明)と参考書籍


●美術検定マニア・ヒデがオススメする4級攻略のポイント指南

公式テキスト『この絵、誰の絵?』の活用術、作品を覚えるコツなど


●西洋美術編

『この絵、誰の絵?』掲載の西洋美術全60作品について1作品ずつポイントを解説


●日本美術編

『この絵、誰の絵?』掲載の日本美術全40作品について1作品ずつポイントを解説


●覚えておきたい! 知っておきたい!

4級問題集『知る、わかる、みえる 美術検定4級問題[入門編 introduction]』から出題頻度の高い彫刻、仏像、建造物などの作品を抜粋してポイントを解説


●出題傾向から読む! ヒデの教え

・『この絵、誰の絵?』西洋美術60作品の国別統計

・『この絵、誰の絵?』日本美術40作品の時代別統計 など、

ヒデさんならではの視点で4級の過去問から出題傾向を分析してわかりやすく解説。


●受験特典発表

検定受験を応援する特典を発表!


●合格だけがゴールではない、美術を学ぶ楽しみとは?

ヒデさんが美術検定4級受験を通じて美術を学ぶ楽しさを知った体験談、4級受験をする意義を熱く語る!


この講座受講をきっかけに、美術検定4級合格を目指したり、美術を学ぶ楽しさを知ってみませんか?



※受講料金は2,980円です。「動画コンテンツ一覧」ページの動画の「2,980円でレンタル」のボタンを押してお申し込みにお進みください。視聴期間は決済完了後72時間となります。

お申し込みの詳細は「お申し込みについて」のページ、視聴期間や視聴方法などについては「ご視聴について」のページでそれぞれご確認ください。





◎美術検定にトライ!◎

オンラインですぐに4級受験可能な美術検定オンラインは、こちらから。


◎美術検定参考テキスト◎

この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門

知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編: introduction



福本ヒデ さんはこんな人!★ブログ&SNS★












閲覧数:63回0件のコメント